「北欧インテリア」のつくりかた。基礎知識と取り入れたいアイテム

寒さが厳しく、長い北欧の冬に、家でいかに楽しく快適に過ごすか…そんな知恵が詰まった「北欧インテリア」。暮らしをより良くしたい、という思いが反映されたインテリアは、日本国内でも根強く人気を誇っています。今回は、そんな北欧インテリアの基礎知識やポイント、プラスするとインテリアがぐっと素敵になるアイテムもご紹介します。

目次

北欧インテリアとは

ひなたライフ

冬が長く寒さが厳しい、スウェーデンやデンマーク、フィンランド、ノルウェーなどの北欧の国々。家の中で過ごすことが多い北欧の国々では、日々の暮らしを楽しく快適に過ごすため、楽しく温かみのある独創的なインテリアが生まれました。これが北欧インテリア。

そんな北欧諸国では、ハンス・J・ウェグナーやアルネ・ヤコブセンが手掛けた名作家具、「ルイス・ポールセン社」照明など、デザイン性と機能性に優れたインテリアアイテムも多数生まれました。洗練された雰囲気のなかにどこか素朴さも感じさせる北欧インテリアは、日本国内でも根強く高い人気を誇ります。

それでは、北欧インテリアをつくるポイントをくわしく見ていきましょう。

北欧インテリアをつくるポイントは?

ひなたライフ

包まれるような木の温もり

北欧インテリアに欠かせないのが、優しい雰囲気を演出する木の温もり。

天然木を使用した木製家具は、北欧インテリアになくてはならないアイテムです。シンプルで洗練されたデザインと、長く使いたいと思える機能性が魅力。無駄な装飾がなく、モダンさを感じさせながらも、木の優しい風合いが温かみも演出します。

空間を優しく照らす「温もり」のある照明

シンプルでありながら洗練されたデザイン、温かみのある光の照明は、北欧インテリアをより素敵に演出します。

例えば、家族団らんの時間を照らすダイニングテーブルの照明は、優しい光を届けてくれるペンダントライトを。代表的なのは、ルイスポールセン社の「PH5」。手元をただ明るくしてくれるだけでなく、グレア(眩しさ)の少ない良質な光が、食事まで美味しく見せてくれます。

デンマークでは、「国民的照明」と称される「ph5」(写真左)。わが家にもいつかお迎えしたい憧れの照明です^^

カラフルな「色」を取り入れる

ベースになる色合いは、白や生成り・ベージュなど自然の色を基調にするのが◎

そこに、アクセントとして取り入れたいのがカラフルな「色」です。壁紙の一面や、ファブリック・雑貨でカラフルな色を楽しむのもおすすめ。たくさん取り入れすぎると落ち着かないお部屋になってしまうので、インテリアに使う色は「3色以内」にとどめてみてください。カラフルな色はアクセントカラーとして小さくプラスするのが、おしゃれに仕上げるコツです。

楽しさを演出する「ファブリック」を取り入れて

自然のナチュラルさ溢れるインテリアのなかに、楽しい色使いや可愛らしい柄を取り入れるのが北欧テイスト。壁やテーブル、ベッドルームななどにファブリックを取り入れると、見違えるほどおしゃれな雰囲気になります。

自然に囲まれた北欧で生まれた植物や動物が描かれたテキスタイルは、鮮やかで個性的なものばかり。

日本国内でもファンの多い「マリメッコ社」のテキスタイルは、ファブリックボードやクッションカバーなど、空間のポイントとして取り入れても存在感抜群です。ワクワクするような楽しい雰囲気を運んでくれるファブリックを見つけたら、ぜひインテリアに取り入れてみてくださいね。

まずは、クッションカバーなど小物で取り入れてみてはいかがでしょう^^

植物や動物モチーフの小物でかわいく


インテリアの仕上げには、可愛らしい植物や動物モチーフの小物を取り入れると北欧インテリアがより華やかになります。

キャビネットの上や本棚の一角などに小さくてもディスプレイコーナーをつくってみるのも素敵。

北欧インテリアの楽しさを演出できるアイキャッチコーナーです。小物にインテリアアグリーンを組み合わせると、ナチュラル感とみずみずしさがアップ。

北欧ブランドの雑貨でインテリアを格上げ

イッタラやマリメッコといった北欧らしさ溢れるブランドのアイテムを取り入れれば、インテリアがぐっと格上げされます。北欧ならではの、鮮やかで遊び心溢れるテキスタイルや雑貨を見ているだけでも楽しい気持ちになりますね。シンプルなインテリアがお好みの方も、ぜひプラスワンアイテムとして取り入れてみては。

北欧インテリアの人気アイテム「リサラーソン」のオブジェは、お部屋にやさしい雰囲気と温かみをもたらします。

暮らしをより楽しく!そんな思いが込められた「北欧インテリア」

ひなたライフ

北欧インテリアは、モダンで温かみがある…という印象がありますが、その温かみは「気候や文化」から生まれたものだと知ると、よりインテリアづくりのヒントになりますね。

寒さ厳しく夜が長い日々を、何とか楽しく過ごしたいという人々の願い。

住まいや暮らしを充実させたいというライフスタイルそのものが、インテリアに反映されているのです。あなたもぜひ、そんなことにも思いをはせながら、北欧インテリアを自分らしく楽しんでみてはいかがでしょうか。

記事の更新情報はこちらをクリック!

&365  - にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ライフスタイルメディアをはじめ、企業サイト、Webマガジンなどさまざまな媒体で企画・取材から記事執筆までを手掛ける。得意ジャンルは、インテリア・住宅関連・リフォーム・ライフスタイル。在宅ワーク歴10年「心地よい暮らし」のアイデアを届ける。
【保有資格】文部科学省後援リビングスタイリスト1級/リフォームスタイリスト3級/カラーコーディネーター2級/WEBライティング実務士

■HP:https://naomi-spring.com/

コメント

コメントする

目次
閉じる