心地よい「洗面所インテリア」のつくりかた。『収納』と『色使い』がポイント

こんにちは!心地よい暮らしのアイデアをご紹介する、福岡【博多】のフリーライターNaomi.Springです。

洗面所は、洗面グッズや洗濯用品など置くものが多く、なかなか片付かない…と悩んでしまいますね。小さな空間のなかで、身支度を整える、洗濯をするなど、いくつもの役割があり、どうしてもモノが増えてしまいがちな場所。狭いから片付かなくてもしょうがない…と諦めそうになりますが、ポイントを押さえてインテリアづくりをすれば、使いやすくおしゃれな洗面所に生まれ変わりますよ。今回は、洗面所をつくるポイントをご紹介します。

目次

心地よい洗面所づくりのポイント

清潔感のある空間づくりを

洗面所を心地良くする、最も大切なポイントが「清潔感」です。でも、洗面所は家族が毎日何度も使うため、汚れが溜まりやすい場所。置いておきたいものも山ほどあり、清潔を保つのは至難の業です。

そこで心掛けたいのが、「モノを減らして掃除のしやすい環境をつくる」こと。

モノが減れば、気になったときに汚れを拭いたり掃除機をかけたりしやすいもの。洗面所で使う必要最低限のモノだけに絞り、動線(人が動く軌道)を考えて配置を整えるとぐっと使いやすくなります。ストックは+1を目安に調整すると、モノの増えすぎを防げます。

白を基調にして明るい空間に

洗面所は、清潔感のある白で統一すると洗練された印象に仕上がります。汚れが目立ちやすい色だからこそ、綺麗な状態にしたおきたい、という気持ちが高まりそうですね。

ナチュラルインテリア、北欧インテリアなどいずれのテイストにもマッチする白。

タオル・ディスペンサーボトル・洗剤ボトルなどの雑貨も、白アイテムで統一すると美しくまとまります。

少し大人の雰囲気を演出するなら、ブラウンやネイビーなどダーク色を差し色として1色取り入れれば空間のアクセントに。

見せる収納と隠す収納を上手に

生活感が出てしまうアイテムがたくさんある洗面所。

モノを厳選することはもちろんですが、収納方法も工夫したいところです。

細々としたモノは扉付の棚や、カゴなどを使って「隠す収納」を。

狭い洗面所ら、鏡のまわりの収納を有効活用したいところ。歯ブラシや歯磨き粉は通気性の良い場所に立てて収納、ヘアオイルやヘアピンなどの細々したモノは透明感のあるアクリルケースで仕分けすれば中身も見えて便利です。

オープン棚や洗面台まわりには、デザインにこだわり厳選した洗面用品を「見せて収納」するとホテルのように素敵インテリアに仕上がりますよ。

オープン棚は、飾りながら収納するのにあると便利。色やデザインを揃えたタオルやデザインのよい洗面用品を見せて収納できるため、洗面所インテリアがぐっと素敵になります。

洗濯機まわりは、バスグッズや洗濯用品が溢れ、収納に困る場所。

置き場に困る生活雑貨をすっきりとまとめるには、すき間収納が便利に使えます。わずかなすき間も無駄なく収納にできるので、狭い洗面所でも大活躍することでしょう。通気性のよいタイプを選べば、清潔も保ちやすくなります。

すっきりとした洗面所収納にお役立ち!

照明にもこだわって

心地よい空間づくりには、温かみのある照明が欠かせません。リビングやダイニングなど人が集まる場所だけでなく、洗面所の照明にもこだわれば、心地良い空間づくりが叶います。

例えば、温かみのある光色の電球色の照明を取り入れることで、温かみのある優しい雰囲気に。

大人の空間を演出する間接照明は、ホテルのようなインテリアを目指す方におすすめです。

気持ちのよい洗面所で、爽やかに1日をはじめよう

心地良く過ごせる洗面所なら、眠い朝も爽やかな気持ちで身支度できそうですね。快適に1日のスタートをきるためにも、洗面所インテリアを少しだけ模様替えしてみてはいかがでしょうか。

記事の更新情報はこちらをクリック!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ライフスタイルメディアをはじめ、企業サイト、Webマガジンなどさまざまな媒体で企画・取材から記事執筆までを手掛ける。得意ジャンルは、インテリア・住宅関連・リフォーム・ライフスタイル。在宅ワーク歴10年「心地よい暮らし」のアイデアを届ける。
【保有資格】文部科学省後援リビングスタイリスト1級/リフォームスタイリスト3級/カラーコーディネーター2級/WEBライティング実務士

■HP:https://naomi-spring.com/

コメント

コメントする

目次
閉じる