「使いやすいキッチン」のポイントは3つ。実用的で気分が上がるキッチンのつくり方

キッチンが使いやすく、自分好みのインテリアだと気分が上がりますよね。生活感がでやすい場所ですが、小さい空間だからこそ理想のインテリアを実現しやすい場所でもあります。今回は、使いやすいキッチンのポイントを3つご紹介します。気分が上がるキッチンインテリアをつくるヒントにしてみてください。

目次

使いやすいキッチンポイント1:大容量収納はやっぱり便利

大容量のキッチン収納があれば…そう願う方は多いのではないでしょうか。私も現在のキッチンに至るまでには、賃貸マンションの小さな「I型キッチン」を使っていたこともありキッチン収納不足に悩んでいました。その頃は、「あ~、おっきな収納があれば、もっとすっきりするのに~(;´Д`)」と収納家具を買い足したりレイアウトを変えたりと試行錯誤を繰り返したものです。

大容量の収納があると便利

最近のシステムキッチンには、必ずと言っていいほど大きめの収納が付いています。また少し広さに余裕のある住宅であれば、「パントリー」が備えられていることも。

パントリーとは、食材や食器などを収納する部屋のこと。パントリーのサイズは、人がひとりやっと入れる小さなものから家事室になるほど広さのあるものまでさまざま。食材だけでなく、調理器具など生活感の出るものを収納することができます。

最近では、パントリーとキッチンを繋ぐだけではなく「玄関」から行き来できるウォークスルータイプも人気。買い物から戻り食材の片付けまでの流れがスムーズになるのだそう。

リフォームするもしくは新築するなど、キッチンの構造自体を自由に設計できる状態にあるのならおすすめです。私自身もリノベーションを経験していますが、つくれば良かったと思う場所のひとつです。

低めの食器棚でおしゃれに収納

キッチン収納を増やす場合は、低めのキッチンカウンターやロータイプの食器棚がおすすめ。圧迫感を抑え開放感のあるキッチンインテリアをつくります。また収納としての機能だけでなく、作業台やキッチン家電の置き場、ディスプレイコーナーなど多彩な使い方ができるのも魅力です。

調理家電などをひとまとめにできたり、キッチン雑貨を飾りながら収納できたり…。キッチンが見違えるほどすっきりします。

使いやすいキッチンポイント2:掃除しやすいストレスフリーなキッチンに

ワークトップまわりは「すっきり」と

キッチンは、どうしても汚れやすい場所。特に、ワークトップやシンク周りは、飛び散った油や食材などの汚れが付きやすいですよね。ワークトップのまわりはモノを厳選して掃除のしやすい環境にしておけば、ストレスフリーに過ごせそう。調理器具や家電などでものが増えてしまいがちですが、わが家もキッチンのワークトップガス台の周りは必要最低限のものだけにしています。

清潔に使いやすいワークトップの素材は?

ワークトップやシンク内は、汚れの落としやすいステンレス製、ワークトップとシンクが一体化したタイプならより清潔に使えます。わが家のワークトップは人工大理石ですが、汚れがさっと拭き取りやすく気に入っています。掃除しやすい環境を整えておけば、こまめなお手入れも苦になりません。

使いやすいキッチンポイント3::キッチンとダイニングを繋げよう

ダイニングテーブルはどこに置く?

キッチンとダイニングを繋げるのも、おしゃれな住まいでよく見られるアイデア。キッチンと横並びにダイニングテーブルを置いているイメージです。キッチンで調理した料理を楽にダイニングへ運べるだけでなく、片付けまでの一連の流れがスムーズに進みます。リフォームでは、キッチンカウンターに繋げて、ダイニングテーブルを造作(造りつける)場合もあります。

家族のコミュニケーションも取りやすく

キッチンに立つお母さんが子どもの宿題を見ながら料理することができたり、家族や来客とコミュニケーションをとったりと、調理する人が孤立しないのも嬉しいところ。キッチン横にダイニングテーブルがあることで、作業台が広がり調理しやすくなるというメリットもあります。

あなたはどんなキッチンがお好み?

キッチンは「食事をつくる」という家事のなかでも重要な役割を持つからこそ、ライフスタイルや家族構成などに合わせてさまざまなアイデアを試しながらインテリアを見直したい場所です。

使いやすいキッチンがあれば、毎日の料理も楽しくできそう。好みのインテリアであることはもちろん、キッチンインテリアは「実用性」も重要なポイントになります。主に料理をする人の使い勝手にも考慮してキッチンインテリアを整えてみてください。

記事の更新情報はこちらをクリック!

&365  - にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ライフスタイルメディアをはじめ、企業サイト、Webマガジンなどさまざまな媒体で企画・取材から記事執筆までを手掛ける。得意ジャンルは、インテリア・住宅関連・リフォーム・ライフスタイル。在宅ワーク歴10年「心地よい暮らし」のアイデアを届ける。
【保有資格】文部科学省後援リビングスタイリスト1級/リフォームスタイリスト3級/カラーコーディネーター2級/WEBライティング実務士

■HP:https://naomi-spring.com/

コメント

コメントする

目次
閉じる