野田琺瑯の保存容器「ホワイトシリーズ」が優秀!使い方アイデアとおすすめアイテム

目次

保存容器のロングセラー。野田琺瑯「ホワイトシリーズ」

常備菜を作っておくと、何かと便利。忙しい日々のなかで、「常備菜は欠かせない」という方は多いよう。そんなたっぷりと用意した常備菜を保存しておく容器、あなたは何を使っていますか?

今回は、保存容器のロングセラー野田琺瑯の「ホワイトシリーズ」の魅力と使い方アイデアを私の経験をもとにご紹介します。

野田琺瑯レクタングル深型 シール蓋付

テレビやブログなどさまざまなところで評判がよく、ずっと欲しかった野田琺瑯の保存容器。「ホワイトシリーズ」は潔く白で統一されたシンプルデザインが魅力です。1つ2つと使っていると、もう1つ!と増えていき、今ではMサイズとLサイズ合わせて3つ使ってます。

真っ白で無駄のないデザイン。深さも大きさも程よい。シール蓋もほどよい弾力で使いやすいんです。そして白の容器は、やっぱり料理が映えます。

サイズ違いでも冷蔵庫の棚にすっきり収まるのが嬉しい。重ねて置けるし、横に並べてもきれい。

サラダや煮物、スープなどの保存にはLサイズがおすすめ!

お惣菜やカットフルーツの保存はMサイズがおすすめ!

お漬物やバターなどの保存にはSサイズがおすすめ!

生野菜のシャキシャキが続く!

保存しておいたサラダを食べた時に、この保存容器のすごさがわかりました!

琺瑯なので、冷蔵庫に入れておくとキンっと冷え、野菜の水分が出ずシャッキリ美味しさを保ってくれるのです。鮮度をしっかり保っているのでしょう。サラダをたっぷり食べたい時、一度に野菜をたくさん洗って保存しておきたい時、本当に助かってます。

新鮮野菜を盛ると、ワンプレートも映える!

野田琺瑯「ホワイトシリーズ」の使い方はいろいろ

野田琺瑯の「ホワイトシリーズ」常備菜の保存や生野菜の保存以外にはどんな使い方ができるのでしょうか。なんと、こんなに多彩な活用方法があるのです。

野菜の下ごしらえに

忙しい日には野菜を洗って切って…の作業ですら大変なことも。時間があるときにまとめて下ごしらえしておけば、あとは炒めるだけ、煮込むだけとひと手間が省けます。

焼き型として使う

お菓子の焼き型としても使えます。シンプルなデザインなので、焼いて型から抜かずにそのままテーブルに出すことができます。グラタンやドリアなどのオーブン料理にもぴったり。


ゼリーなどをつくる容器に

ゼリーや寒天など冷たいスイーツをつくる容器としても重宝するホワイトシリーズ。火をかけて材料を溶かしたら、そのまま粗熱をとって冷蔵庫に冷やせるのも嬉しいところ。カットすれば、少しずつ取り出してうつわへ。保存もそのままできる優れものです。

お弁当箱として使う

サイズのバリエーションもあり清潔な琺瑯製のホワイトシリーズは、お弁当箱としても使えます。おかずのにおい移りもしにくく、食べた後の汚れもすっきり落ちるのでお弁当箱としても便利に使えます。

コンパクトで少し深めのスクエア型も。冷蔵庫にもすっきり収まりそう。

匂いがつきにくく直火もOK、そしてお手入れもラク

琺瑯製なので匂い移りもせず、汚れもつきにくいためお手入れもラク。水で流せばつるんと汚れが取れるのが気持ちいいんです!私は、シール蓋は手洗い、琺瑯容器は食器洗い乾燥機で洗っていますが数年使っていてもほとんど色の変化もなくきれいです。

色の濃い料理を入れた時には、さっと予備洗いをして食器洗い乾燥機に。色移りが最小限におさえられます。

また、そのまま直火にかけられるのも琺瑯の魅力。たとえば、お出汁をたくさんとって冷凍する、野菜スープなどを冷凍しておくのにも便利です。お鍋でコトコト温め直したお味噌汁やスープは、やっぱり電子レンジでチンするよりもおいしい。琺瑯は熱伝導率に優れているので、温まりが早いのも嬉しいところです。

結婚祝い・新築祝い・内祝い…ギフトにも最適

自分が使ってよかったものは、誰かにもそのよさを伝えたくなるもの。これまで、さまざまなシーンでお祝いのプレゼントなどとして贈っています。特に、お料理好きな人にとても喜んでもらえるんですよ。

電子レンジ以外は、直火やオーブンも使える優れもの。調理→保存→食卓と移し替えず使えるのも嬉しい!本当に毎日使わない日はないくらいお世話になっている保存容器なので、大切な方へのギフトとしても自信をもって贈ることができています。

冷蔵庫すっきり、料理もおいしく保てる野田琺瑯のホワイトシリーズレクタングル、まだまだわが家で増えていきそう。

ギフトには、使いやすい3つセットがおすすめですよ。

わが家で大活躍の深型タイプ3個セットはこちら

長く愛せる保存容器。野田琺瑯の「ホワイトシリーズ」

野田琺瑯の保存容器、どれもデザインが良く使いやすいアイテムばかり。蓋が選べたりサイズやデザインが豊富だったりと、キッチンでの仕事を知り尽くした「野田琺瑯」ならではのラインナップです。

長く愛用できる保存容器をお探しの方は、一度使ってみてはいかがでしょうか。一度使えば、きっとその魅力を実感できるはずです。

記事の更新情報はこちらをクリック!

&365  - にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ライフスタイルメディアをはじめ、企業サイト、Webマガジンなどさまざまな媒体で企画・取材から記事執筆までを手掛ける。得意ジャンルは、インテリア・住宅関連・リフォーム・ライフスタイル。在宅ワーク歴10年「心地よい暮らし」のアイデアを届ける。
【保有資格】文部科学省後援リビングスタイリスト1級/リフォームスタイリスト3級/カラーコーディネーター2級/WEBライティング実務士

■HP:https://naomi-spring.com/

コメント

コメントする

目次
閉じる